革製品の工房ショップ革倶楽:下町墨田区で熟練の職人が作る日本製三つ折財布。イタリア産牛革の折財布。国産豚革の長財布。

  • 革倶楽の小さな財布
  • レザーケアアイテム
  • 名入れ加工
  • 店舗のご案内
  • メルマガ会員登録
  • お問い合わせ
 

ご案内

革倶楽の素材手帳



◆革倶楽の素材手帳◆


【職人もすみだなら、材料もすみだで。】

革倶楽の素材手帳

  メイドインジャパンにこだわって、できる限り国産の素材を使用を心掛けています。
  すべての素材を国産でというのは、実際のところ難しく
  現在国内で革を調達、なめし、加工まで仕上げることができるのは
  豚革(ピッグスキン)に限られています。

【“メイドインジャパン”でつくる】

革倶楽の素材手帳

  東京の下町には多くの職人が今もこつこつとものづくりに励んでいます。
  キャリアの長い職人だけでなく、そのキャリアを受け継ぐ若い職人も着実に
  技術を継承しようと日々技を磨いています。
  革一枚、製品一つの中にメイドインジャパンの技術がたくさんつまっています。



【植物タンニンのエコレザー】



東京墨田区で生産されたピッグスキンは
植物タンニンを使用したお肌に優しいエコレザー。
化学的な鞣し(なめし)を行わないことで
金属アレルギーでお悩みの方にも
安心してお使いいただける皮革です。



認定第一号

墨田区東墨田の
山口産業」の
植物タンニンレザーは
日本エコレザーに
認定されています。




エコレザー

環境問題に対応する
目的で開発された
環境にやさしい
未来型皮革のことです。




植物タンニン

赤ワインや紅茶と同じ
ポリフェノールを
主体とした天然成分
“ミモザ樹皮”から
抽出します。




すみだの革

東京墨田区は百年以上
にわたり革の鞣しを
行ってきた一大産地です。
特に豚革では
日本の生産のほぼ90%を
占めています。




エイジング

植物タンニンレザーは
経年変化が醍醐味。
人それぞれの
味わいを持った革製品は
時間をかけて育てていく
楽しみを実感できます。




■墨田区産豚革:ニブリック


ニブリックを使用したアイテムはこちら>>
 原皮 :豚(1枚の大きさ:135デシ前後)
 なめし:植物タンニンなめし
 染色 :人体・環境に無害な染料を使用
 表面 :ツヤあり
 手触り:つるつる
 重量 :軽い

 染色樽で染めあげ、WAXとオイルの独自配合に
 よる風合いをもつ素材。
 透明感と深みのあるツヤを出しました。
 高級感漂う正統派レザーです。





■墨田区産豚革:カルムクワイエット


カルムクワイエットを使用したアイテムはこちら>>
 原皮:豚
 なめし:植物タンニンなめし
 表面:ツヤなし(スウェード面使用)
 手触り:さらさら
 重量:少々重みあり

 ざっくりとした風合いの新感覚WAXスウェード。
 伝統的なスウェードにしわ感を施した遊び心のある
 レザーです。





■墨田区産豚革:シュリンク


シュリンクを使用したアイテムはこちら>>
 原皮:豚
 なめし:植物タンニンなめし
 表面:ツヤなし
 手触り:しわしわ
 重量:軽い

 豚革の地シボを独自製法で緊縮し、
 革にダメージを与える薬品は一切
 使用せず、柔らかくふっくらとした
 ベース革の風合いを保ちながら、
 ピッグスキンの強いシボ立ちで
 キリリとしまった正統派レザーです。





■墨田区産豚革:ルーチェ(クロコ型押し)


ルーチェを使用したアイテムはこちら>>
 原皮 :豚(1枚の大きさ:140~150デシ前後)
 なめし:クロムなめし
 染色 :エコ染料
 表面 :マット
 手触り:さらさら
 重量 :軽い

 「ルーチェ」=光というネーミングの
 山口産業の定番レザーです。
 アメ豚調のピッグスキンにクロム加工を施すことによって
 とてもユニークな革に仕上がりました。
 軽くスリップするスムースレザーにクロコの型押加工。





■墨田区加工牛革:ナンバーワン


 原皮:牛
 なめし:クロームなめし
 表面:ツヤあり
 手触り:さらさら
 重量:少々重みあり

 発色のきれいなクロムレザーの牛革。

 経年変化は起こりません。
 衣服に触れやすいアイテムには
 比較的色落ちの少ないクロムレザーを
 用いるなどTPOに合わせて素材を選んでいます。





■墨田区加工牛革:シェブロン


 原皮:牛
 なめし:クロームなめし
 表面:ツヤあり
 手触り:つるつる
 重量:少々重みあり

 エナメル加工を施した牛革。

 経年変化は起こりません。
 エナメル加工を施したレザーは傷がつきにいことが
 メリットです。

 ただし、一度キズが出来てしまうと
 とても汚く見えてしまいます。
 通常のレザーと違い、補修の利かない素材ですので
 買い替えをするほかありません。





■墨田区加工牛革:メタリック


メタリック革を使用したアイテムはこちら>>
 原皮:牛
 なめし:クロームなめし
 表面:ツヤあり
 手触り:つるつる
 重量:少々重みあり

 すみだの職人の技が光る箔張りメタリック。
 加工に技術を要するため、熟練の腕が必要
 です。下地には柔らかくしなやかな牛革を
 使用。

 素材をドラムで回すことによりとても
 ナチュラルな仕上がりとなっています。
 張り込んだ箔がしっかり定着するミーリング
 加工を施しています。






■イタリア産レザー:アリゾナ


アリゾナを使用したアイテムはこちら>>
 原皮:牛
 なめし:植物タンニンなめし
 表面:シボ有
 手触り:ボコボコ
 重量:少々重みあり

 イタリア中部・トスカーナ州の
 職人が伝統的な製法で
 作り上げた植物タンニンレザー。

 牛の方の部分のみを使った最高級品です。
 気持ちの良い肌触りの
 シュリンク(シボ)加工を
 施した上質な素材です。





■イタリア産レザー:トスカーノリューショ


トスカーノリューショを使用した
アイテムはこちら>>
 原皮:牛
 なめし:植物タンニンなめし
 表面:マット
 手触り:さらさら
 重量:少々重みあり

 イタリア・トスカーナ州の
 職人が伝統的なバケッタ製法で
 作り上げた植物タンニンレザー。

 ショルダー(肩部分)のシワが特徴的。
 均等にオイルを加え、
 職人が一枚づつ手染めをしている
 スムース仕上げのヌメ革。





■イタリア産レザー:アマノ


アマノを使用したアイテムはこちら>>
 原皮:牛
 なめし:植物タンニンなめし
 表面:ツヤ有
 手触り:つるつる
 重量:軽量

 イタリア・トスカーナ州の
 職人が手作業でワックスをなじませて
 作り上げた植物タンニンレザー。

 まるでコードバンのような
 クラシックな雰囲気を持つ上品な素材。
 自然な色むらがあり深い色あいが人気です。




革倶楽コンテンツ

  • ネーム刻印サービス
  • レザーケアアイテム
  • 革のお手入れガイド
  • F 革倶楽

ページトップへ