革製品の工房ショップ革倶楽:下町墨田区で熟練の職人が作る日本製三つ折財布。イタリア産牛革の折財布。国産豚革の長財布。

  • 革倶楽の小さな財布
  • レザーケアアイテム
  • 名入れ加工
  • 店舗のご案内
  • メルマガ会員登録
  • お問い合わせ
 

ご案内

革のお手入れアドバイス



さまざまなお手入れ方法がありますが、初心者にも簡単にできる方法をご紹介します。



↓革のお手入れガイド↓
 お手持ちの革製財布を
 お手入れする時は、
 スポンジやネル素材の
 クロス、マイクロクロス
 などの柔らかい生地を
 使用します。

 革に傷を与えないよう
 硬い生地はお避け下さい。
 オイル系のクリームは
 革の表面を保護し、撥水
 効果もあります。
 しっとりとして手触り
 が良くなります。
 液体のプロテクトクリームは
 伸びもよくお手入れしやすい
 のでおすすめです。

 こちらも革の表面を
 保護する役割があります。
 比較的革への影響を抑えた
 ものが多いようです。
 革の汚れを落とす
 クリーニング剤も市販
 されています。

 長く使用して一度も
 手入れをしていない
 財布などは汚れを
 落としてからクリームで
 保護する方法がベストです。
 いずれの場合も適量を
 クロスに取り、革の表面に
 伸ばしていきます。

 革によっては激しく
 色落ちを起こす可能性も
 ありますので、クリームを
 塗り込む前に端のほうで
 様子を見てからご使用
 ください。

 色落ちがひどい場合は
 お手入れを中止して専門の
 クリーニング店などに
 ご相談ください。
 全体にクリームを
 塗り込んだ後は別の
 クロスで乾拭きすると
 革に光沢が出てしなやかな
 手触りが復活します。
 実際にお手入れを
 してみましょう

 豚革スムースレザーの
 財布を仕上げていき
 ます。
 まずは汚れ落としをします。
 市販のクリーニング
 ローションで全体を
 さっぱりとさせます。

 汚れていないように
 見えても意外と汚れて
 いることがわかります。

 お手入れの間隔は
 月1度くらいできれば
 よいですね。
 今回はプロテクション
 クリームを使います。
 必ず端のほうで色落ち
 テストをしてから全体に
 クリームをのせてください。

 のせる量は財布の大きさ
 にもよりますが、
 触ってヌルヌルしない程度。
 柔らかいクロスで
 クリームを全体に
 伸ばしていきます。

 実際には両手で持って
 作業してください。
 下面をテーブルでこすって
 しまうと財布に傷がつく
 恐れがあります。
 表面が終わったら、
 乾拭きをする前に内側に
 クリームを塗っていきます。

 表と内側で素材の違う
 財布もあります。

 内側にスエードなどを
 使用している財布の場合は
 クリームがつかないように
 気を付けてください。
 スポンジを使用される
 場合でも方法は同じです。

 クロスでもスポンジでも
 最後は乾いた柔らかい布で
 乾拭きをします。
 外側だけでなく
 内側もお忘れなく。
 乾拭きをすることで
 表面にツヤがでます。

 クリーム塗布前には
 ヒビが目立つ革でも
 しっとりとして色にも
 深みが出てきます。
 財布などに、よくできて
 しまうひっかき傷も、
 オイル系クリームで
 目立たなくすることが
 可能です。
 スウェード系レザーの
 場合はブラシによる
 お手入れをします。

 ブラシをあてることで
 起毛をよみがえらせ、
 汚れをはたきおこす
 ことが出来ます。

 また、スウェード専用の
 スプレーなどでお手入れ
 することが可能です。
 ブラシはスムースレザーの
 ほこり落としとしても活用
 できますので、一本お持ちに
 なると便利です。


今回メンテナンスで使用した折財布と同じ商品はこちら
メンズ折財布 ニブリック メンズ折財布 カルムクワイエット


革倶楽コンテンツ

  • ネーム刻印サービス
  • レザーケアアイテム
  • 革のお手入れガイド
  • F 革倶楽

ページトップへ