革製品の工房ショップ革倶楽:下町墨田区で熟練の職人が作る日本製三つ折財布。イタリア産牛革の折財布。国産豚革の長財布。

  • 革倶楽の小さな財布
  • レザーケアアイテム
  • 名入れ加工
  • 店舗のご案内
  • メルマガ会員登録
  • お問い合わせ
 

コンテンツ

様々な種類がある牛革

革には様々な種類があります。こちらでは、革財布などで多く使われている牛革の種類について成長順に紹介していきます。革の種類によって特徴がありますので、革製品を選ぶ時にお役立てください。

革の種類

・カーフ
傷が少なく美しいカーフは、生後6ヶ月以内の仔牛の革です。キメが細かく、手触りも非常に良いのが特徴です。部位による差が少なく希少価値の高い素材で、高級な革財布や革靴などに利用されています。

・キップ
キップはキップスキンの通称で、生後6ヶ月から1年ぐらいまでの仔牛の革を言います。革の大きさや品質ともに子牛革と成牛革の中間に位置します。カーフよりキメは粗くなりますが、強度と厚みがあり頑丈です。

・カウ
出産を経験している生後2年以上の雌牛の革です。カーフやキップに比べて素材ランクは落ちますが、性格がおとなしく傷も少なく、ステアハイド同様にポピュラーな素材として利用されます。薄くてキメ細かく、柔軟性もあるのが特徴です。

・ステアハイド
生後6ヶ月までに去勢し、2年以上経った雄牛の革です。多く流通されており、使い勝手が良いステアハイドは一般的な牛革です。キメが細かく耐久性に優れており、生産量も多いため、革財布、革のジャケット、ベルトなど、メンズ、レディース問わず様々な革製品に利用されています。ステアハイドの革財布はケアも簡単で長持ちしやすいため、愛用している方が多くいます。

・ブルハイド
ブルハイドは生後3年以上の去勢されていない雄牛の革です。非常に硬く耐久性があるため、靴底や工業用として使用されることが多いです。去勢されていない雄牛は気性が荒いため、キメが荒く傷があることも多いです。

革の種類(加工)

・ベロア
成牛の革(裏革)をヤスリなどで起毛させて仕上げたのがベロアです。スエードなどと比べ、毛足が長いのが特徴です。ラフな見た目で人気があり、ベルトや靴などに使用されています。また、銀付きベロアや床ベロアと呼ばれる種類もあります。

・ブライドルレザー
なめした後に蜜蝋などを、時間をかけて染み込ませ仕上げたのがブライドルレザーです。長いものでは、一年半もの期間をかけて作る高級なレザーです。耐久性に優れ、光沢があるのが特徴です。イギリスの伝統的レザーで、馬具にも使用されています。塗りこんだ蜜蝋が表面に白い粉(ブルーム)として浮き出てくるのも特徴の一つです。

牛革は世界でもっとも流通している革で、お店で販売している革製品の多くが牛革を使っています。当店では、手作りにこだわり丁寧に革製品を作っています。長財布二つ折り財布、名刺入れなど様々な商品を販売しております。また、東京墨田区にある工房ショップ革倶楽では、革製品の販売だけでなく、ワークショップも行っており、工房ショップだけのサービスも行っています。工房ショップで相談をしながら、商品を選びたい方はぜひお越しください。

革倶楽コンテンツ

  • ネーム刻印サービス
  • レザーケアアイテム
  • 革のお手入れガイド
  • F 革倶楽

ページトップへ